JOGOAL!

アビスパ福岡 城後寿選手 応援ブログ

Look at this article, please comment.

雨中の対戦は11度目のドロー

 13, 2007 10:37
「今日の試合の流れから見れば引き分けたことは良かった」(リトバルスキー監督・福岡)
「残り30分の戦い方をもう少ししっかりすれば勝ち点3が取れたゲーム」(樋口靖洋監督・山形)

 両監督の言葉どおり、試合の流れは完全に山形のものだった。山形には、用意周到に準備された福岡対策と、それを着実に実行するメンタリティの強さがあった。一方の福岡は、思い通りにいかない試合を変えられるだけの幅の広さを持ち合わせていなかった。しかし、山形は最後の詰めに欠き、福岡はなりふりかまわぬ執念を見せて、終わってみれば1-1。通算17度目の対戦は、11度目のドローを記録して勝ち点1を分け合う結果となった。

J's GOAL

中盤をコンパクトにされてスペースがなくなった時の対応が今後の課題ですね。DFラインで回すだけでなく引いてきた布部がボールを受けた瞬間FW陣が裏へ動き出し、布部がワンタッチでDFに戻し、ダイレクトで相手DFの裏へのロングボール・・・。こんな形も必要なんじゃないかな・・・。もちろん、その為にはタイミング、DF陣のロングボールの精度など高い技術が要求されるわけだけど、アビスパのメンバーならやれるはず!次の仙台戦こそ今季ホーム初勝利を期待しましょう!!

応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
 

COMMENT 0

WHAT'S NEW?