JOGOAL!

アビスパ福岡 城後寿選手 応援ブログ

Look at this article, please comment.

金古DFからボランチ!!転向 リティ監督「適性感じる」

 28, 2007 13:32
070228-1.jpg アビスパ福岡の今季のディフェンスリーダーとして期待されていた金古聖司(26)が、ピエール・リトバルスキー監督の方針で、キャリア初というボランチに転向した。27日、福岡市東区の雁の巣球技場であった練習では、布部や城後、安田のボランチ候補とともにポジション別練習でボールを追った。
 金古は昨季まで8シーズンのプロ生活のすべてをDF、特にセンターバックとして過ごし、今季もDFの要と目されていた。ボランチ挑戦はゼロからのスタートとなるが、退路はなさそうだ。リトバルスキー監督はこの日、「現状ではDFとして考えていない。アプローチや視野、シュートのセンスなどMFの適性を感じた。彼にとってもMFの方がいいと思う」と、はっきり言った。

 こだわりのあるポジションの事実上の“はく奪”。センターバックで出場していた宮崎キャンプ中(14日)の川崎との練習試合で犯した、失点につながるバックパスなどがリトバルスキー監督の逆鱗(げきりん)に触れた可能性はある。

 この日、金古は「やり方がまだ分からない」と戸惑いながらも、「自分の幅を広げるためにも挑戦する価値がある。どれだけ相手をつぶして、失点しないか。まずはDFだった経験を生かし、アピールしていく」と力強く前を見据えた。

西スポ



今季のボランチは競争が激化です!
城後、アレックス、布部、安田、怪我が完治すれば中村北斗もボランチ起用が濃厚でしょう。この競争に更に金古が加わる。このポジション争いを制し、レギュラー奪取だ!がんばれ!城後!!

COMMENT 0

WHAT'S NEW?